腹痛

Tel.06-6711-0215 WEB予約
WEB予約 Tel.06-6711-0215 LINE友達登録

このような腹痛症状でお悩みではありませんか?

このような腹痛症状でお悩みではありませんか?

  • 胃やみぞおちの鈍い痛み、キリキリした痛み
  • 腹部、下腹部の痛み
  • 空腹時、食後などに起こる腹痛
  • グルグルとお腹が鳴り、痛む
  • 下痢、便秘を伴う腹痛
  • 波のある腹痛
  • 血便を伴う腹痛

腹痛は身近な症状ですが、何日も続く場合、頻繁に繰り返される場合、他の症状を伴う場合には、お早めに当院にご相談ください。

腹痛の原因

「腹痛」はとても広い意味で使われる言葉であり、胃やみぞおちの痛み、下腹部の痛みなどもここに含まれます。
そのため原因となる疾患、つまり異常を起こしている臓器も多様です。胃・十二指腸、大腸、小腸だけでなく、腎臓、膵臓、膀胱、尿管、子宮・卵巣、前立腺など、さまざまな臓器が原因となり得るのです。
丁寧に問診を行い、適切な検査を選択することで、腹痛の原因を迅速に・正確に突き止めます。

腹痛の場合に考えられる病気

    消化器疾患

    胃・十二指腸潰瘍

    胃や十二指腸の粘膜が深くえぐれている状態です。
    胃やみぞおちの痛み、胸やけ、ゲップ、吐き気、嘔吐などの症状を伴います。重症化している場合には、血便、黒い便、吐血なども起こります。

    詳しくは >

    胃がん

    初期には症状が乏しいものの、進行すると胃やみぞおちの痛み、胃の不快感・重い感じ、上腹部の張り、ゲップ、吐き気、黒い便(タール便)などが現れます。

    詳しくは >

    急性胃炎

    暴飲暴食、薬の副作用、食中毒などを原因として胃の粘膜で急性の炎症が起こった状態です。
    胃やみぞおちの痛み、吐き気・嘔吐、ゲップ、食欲不振などの症状を伴います。

    慢性胃炎・萎縮性胃炎

    胃やみぞおちの痛み、不快感、胃もたれ、胸焼け、吐き気などの症状を伴います。自覚症状からは胃潰瘍や胃がんとの鑑別ができません。萎縮性胃炎の一部は、放置していると胃がんへと進行します。

    詳しくは >

    急性虫垂炎(盲腸)

    虫垂に便が入り込むなどして炎症を起こします。胃やみぞおちのあたりに現れた痛みが、その後半日程度の時間をかけて右下腹部へと移動するという特徴を持ちます。その他、発熱を伴うこともあります。

    急性膵炎

    大量飲酒、脂質異常症、胆石などを原因として膵炎で炎症が起こった状態です。ただし、原因の分からないケースも少なくありません。上腹部から背中にかけての激しい痛みを伴います。放置して重症化すると、命を落とすこともあります。

    過敏性腸症候群

    強い腹痛、下痢、便秘などの症状が見られます。下痢型と便秘型、そして下痢・便秘が交互に現れる混合型などに分類されます。ひどい下痢で1日に10回以上トイレに駆け込むといったケースも見られます。

    詳しくは >

    感染性胃腸炎

    ノロウイルス、カンピロバクター、サルモネラ菌といったウイルス・細菌の感染によって起こる胃腸炎です。
    急激な腹痛、下痢、吐き気・嘔吐、発熱などの症状が見られます。

    大腸がん

    初期はほぼ無症状ですが、進行すると下痢、便秘、腹痛、血便、腹部の張りなどの症状が現れます。便潜血検査で陽性だった場合には、必ず精密検査として大腸カメラ検査を受けてください。

    詳しくは >

    大腸憩室炎

    繰り返しのいきみなどを原因として大腸の粘膜が外側へと飛び出し(大腸憩室症)、そこに便が入り込むなどして炎症を起こした状態です。腹痛、発熱といった症状を伴います。出血し、大量の血便が出ることもあります。

    潰瘍性大腸炎・クローン病

    どちらも炎症性腸疾患に分類される難病です。免疫の異常などを原因として、潰瘍性大腸炎では大腸で、クローン病では大腸・小腸を中心に、全消化管でびらんや潰瘍が生じます。
    下痢、腹痛、血便などの症状を伴います。

    潰瘍性大腸炎 詳しくは >

    腸閉塞

    腹部手術による瘢痕化、ヘルニア、腫瘍などを原因として腸管内で内容物が詰まってしまった状態を指します。
    腹痛や便秘、吐き気といった症状が見られます。一刻も早い治療が必要です。

    胆のう炎

    胆石が胆のう管へと入り込み、胆汁がうっ滞・逆流することで細菌感染・炎症が起こる病気です。
    強い右上腹部痛、背中の痛みなどの症状を伴います。

    その他の疾患

    心疾患

    狭心症、心筋梗塞、心筋炎、心外膜炎、心内膜炎、うっ血性心不全など

    泌尿器疾患

    尿管結石症、腎盂腎炎、膀胱炎など

    血液疾患・アレルギー疾患

    白血病、マラリア、食物アレルギー、IgA血管炎など

    筋・骨、皮膚疾患

    椎間板ヘルニア、筋肉内血腫、前皮神経絞扼症候群、帯状疱疹など

    精神疾患・その他

    うつ病、パニック障害、心身症、腹部片頭痛など

    腹痛の検査と治療方法

    検査について

    血液検査

    ウイルス感染、細菌感染などが疑われる場合には、血液検査が有効です。

    胃カメラ検査

    胃カメラ検査胃や十二指腸の病気が疑われる場合には、胃カメラ検査を行います。
    組織を採取して病理検査を行ったり、ピロリ菌検査を行ったりすることができます。

    胃カメラ(胃内視鏡検査)詳しくは >

    大腸カメラ検査

    大腸カメラ検査大腸の病気が疑われる場合には、大腸カメラ検査を行います。
    組織を採取して病理検査を行うことができます。またがん化のおそれのあるポリープが見つかった場合には、その場での切除が可能です。

    大腸カメラ(大腸内視鏡検査)詳しくは >

    超音波検査

    超音波検査肝臓、膵臓、胆嚢といった臓器の病気が疑われる場合には、超音波検査が有効です。
    痛み、被ばくの一切ない、患者さんにとって優しい検査です。

    レントゲン検査

    小腸の状態、大腸のガスの量や内容物の状態、腸閉塞の有無などを調べることができます。

    治療について

    検査で何らかの疾患が見つかれば、その疾患に応じた治療を行います。
    主に、薬物療法や生活習慣の改善が必要になります。手術が必要になった場合には、提携病院へと速やかにご紹介いたします。

    すぐ治る腹痛は受診しなくても大丈夫?

    すぐ治る腹痛は受診しなくても大丈夫?食べ過ぎ、冷たいものの摂り過ぎなど明らかな原因があり短時間で治った、腹痛があったけれど排便後はスッキリと軽快し繰り返さないといった場合には、それほど心配する必要はありません。しかし、何日も腹痛が続いている、原因の分からない腹痛がある、他に腹部の症状や便の異常がある場合には、何らかの疾患を疑い、受診するようにしてください。
    また「すぐに治る腹痛」であっても、繰り返される場合には同様に疾患が疑われます。放置せず、お早めにご相談ください。

    腹痛がおさまらない、腹痛が続く場合には早めにご相談ください

    腹痛がおさまらない、腹痛が続く場合には早めにご相談ください腹痛の検査・治療は、内科などでも受けられます。
    ただ、より専門的な検査・治療を受けられるのは、やはり消化器内科です。特に胃カメラ検査・大腸カメラ検査に対応している場合には、食道・胃・十二指腸・大腸の病気を早期に、より確実に発見することが可能です。当院では、内視鏡専門医による鎮静剤を用いた苦痛の少ない内視鏡検査を行っています。組織を採取して病理検査を行うことも可能ですので、ぜひ一度、当院にご相談ください。