アニサキス

Tel.06-6711-0215 WEB予約
WEB予約 Tel.06-6711-0215 LINE友達登録

アニサキスとは

アニサキスとはアニサキスは、寄生虫の一種です。
イルカやクジラ、そして私たちの食卓に並ぶサバ、アジ、イカなどにも寄生します。これら魚介類を生のまま、あるいは加熱不十分のままで私たちヒトが食べ、胃などに幼虫が入り込み、胃痛、吐き気、嘔吐などの症状を引き起こすのが「アニサキス症」です。
もっとも多いのが、アニサキスが胃に寄生する「胃アニサキス症」です。胃カメラ検査を行い、発見次第その場で摘出することで、速やかに症状が軽快します。

アニサキス症の種類と症状

寄生する部位によって、以下のように分類されます。
症状、症状が現れるまでの時間も異なります。

胃アニサキス症

食後3~4時間が過ぎた頃、激しい胃痛、吐き気、嘔吐といった症状が現れます。
当院での胃カメラを使った治療が可能です。

腸アニサキス症

食後十数時間~数日が過ぎた頃、激しい下腹部痛、吐き気、嘔吐、発熱といった症状が現れます。
腹膜炎、腸閉塞、腸穿孔を合併することもあります。

消化管外アニサキス症

アニサキスが消化管を破り、腹腔に侵入した状態を指します。
症状は、アニサキスがいる場所によって異なります。

アニサキスアレルギー

アニサキス自体へのアレルギー症状として、血圧低下、蕁麻疹、呼吸困難などが現れます。
アニサキスが死んでいる場合にも起こり得るものとなります。

アニサキスの治療

アニサキスの治療胃アニサキス症の場合には、胃カメラ検査を行い、発見次第、その場でアニサキスを摘出します。症状は速やかに軽快します。
腸アニサキス症の場合には、対処療法によって症状を和らげつつ、アニサキスが死ぬか、体外へと排出されるのを待ちます。
消化管外アニサキス症の場合には、アニサキスのいる場所によって治療法が異なります。
アニサキスアレルギーの場合には、抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬、あるいはステロイドによって症状を改善します。アナフィラキシーショックを起こした場合には、点滴やエピペンが必要になります。

胃カメラ(胃内視鏡検査)詳しくは >

冷凍・加熱すれば問題ない?アニサキスの対策

主なアニサキスの対策についてご紹介します。

加熱

60度以上で、1分以上加熱すれば、アニサキスが死滅します。

冷凍

マイナス20度以下で1日以上冷凍すると、アニサキスが死滅します。
ただ、一般的な家庭用冷凍庫の設定は、マイナス18度までとなっています。家庭用冷凍庫の場合は、2日以上の冷凍が必要となります。

新鮮な魚介類を選ぶ・早く内臓を取り除く

アニサキスは魚の内臓に寄生しますが、その魚が死んでから時間が経つと、筋肉(身の部分)へと移動します。
鮮度の良い魚介類を選ぶこと、購入後は早めに内臓を取り除くことが大切です。

調理する時・食べる時の目視

アニサキスは、体調2~3cm、半透明色をしており、肉眼でも発見が可能です。
特に刺身などで食べる場合には、さばく時、食べる時には十分に注意をしましょう。