吐き気・嘔吐の原因・検査

  • ホーム > 
  • 吐き気・嘔吐の原因・検査

吐き気・嘔吐について

一般的に、「吐き気がする、胸がむかむかする」などの症状がある場合は約7割が消化器の疾患が原因と考えられ、消化器疾患が原因なのか、消化器以外の疾患が原因なのかを判断する必要があります。消化器疾患には、急性胃炎、胃潰瘍・十二指腸潰瘍、胃がん、虫垂炎、腸閉塞などが考えられ、消化器疾患以外では、くも膜下出血、脳出血、脳腫瘍、心疾患(心筋梗塞等)など緊急性を要する疾患や、他の薬の副作用、食中毒、ストレス(精神的嘔吐)などが考えられます。
患者様からお話をきいて診断していきます。その際下記の随伴症状がないかというのは重要なポイントになります。

  • 急な頭痛はないか
  • 腹痛があるかどうか
  • 胸痛があるかどうか
  • 吐いた物に血は混ざっていないか

吐き気には、吐き気を感じる中枢を刺激して出る吐き気・嘔吐と各臓器が刺激されて出る吐き気・嘔吐があります。また、高カルシウム血症や治療に用いる薬の副作用、妊娠初期にみられる悪阻(つわり)が原因のこともあります。
一般的に吐き気・嘔吐をきたす疾患について下記に記載します。

吐き気を感じる中枢を刺激する嘔吐

くも膜下出血、脳出血、脳腫瘍

くも膜下出血は、くも膜の内側の動脈が破裂し、くも膜下腔に出血が起きる疾患です。急に激しい頭痛と吐き気・嘔吐の症状があらわれ、意識を失ってしまい危険な状態になる事もあります。
脳出血は、細い動脈が破れた状態で、激しい頭痛や吐き気、手足の麻痺、などの症状があらわれます。
脳腫瘍がある場合も、頭痛や吐き気・嘔吐があらわれ、腫瘍がある箇所によっては、視力や言語にも影響を及ぼすことがあります。

 

薬の副作用

他の疾患の治療で使用する薬が原因で吐き気・嘔吐を引き起こすことがあります。例としては、抗がん剤、オピオイドなどの医療用麻薬、心不全の治療薬であるジキタリス製剤、気管支拡張薬のテオフィリン薬、貧血の治療に用いる造血薬(鉄剤)などを内服している場合です。

 

食中毒

食中毒が原因で吐き気・嘔吐を引き起こす場合は、海外での生水、ふぐの食あたり、魚介類に生息しているノロウィルス、生肉に生息しているO157(病原性大腸菌)などが原因が多く報告されています。吐き気と一緒に強い腹痛(胃の痛み)を伴います。

 

ストレス(精神的嘔吐)

ストレスや過労により自律神経が乱れ、脳を刺激して吐き気や嘔吐を引き起こすことがあります。

 

各臓器が刺激されて出る嘔吐

急性胃炎

胃の痛み、みぞおち付近の痛み、膨満感や不快感、胸焼けやむかつき、下血などの症状があります。胃壁から強い酸性の胃酸を分泌している胃は、普段粘液で胃酸から自分を守っていますが、なんらかの原因でこの防御システムがうまく働かなくなったり、大量のアルコールや食べ物、刺激物などで限度を超えた時に、炎症が起こります。これが胃炎です。放置していると胃粘膜の修復力が低下し、胃液の分泌量が減ってしまい、胃潰瘍になる場合もあります。胃カメラを実施することでより詳しい診断ができます。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

胃潰瘍・十二指腸潰瘍は、胃や十二指腸の粘膜が局所的に欠損する疾患です。ピロリ菌や非ステロイド性鎮痛剤などが主な原因で起こると考えられています。が、ストレスも増悪因子の一つです。胃潰瘍は食事中から食後にかけてみぞおち周辺に重苦しい痛みが起こりますが、十二指腸潰瘍は早朝や空腹時にみぞおち周辺がシクシクと痛み、食事をとると治まるのが特徴です。いずれも胃もたれや吐き気、食欲不振をともないます。黒色便を伴うこともあります。胃カメラを実施することで診断できます。

胃カメラ(胃内視鏡検査)詳しくは >
ピロリ菌の除菌治療 詳しくは >

 

胃がん

進行すると吐き気や腹痛などの症状が現れますが、最近では胃カメラの性能が向上したため、症状のないごく初期の胃がんを診断することが可能になりました。早期診断がなされれば内視鏡治療で完治もすることが期待できます。胃がんはピロリ菌との強い関連が指摘されていますので、ピロリ菌を指摘された方(除菌された方であっても)は特に定期的な胃カメラを受けることをおすすめします。

胃カメラ(胃内視鏡検査)詳しくは >
ピロリ菌の除菌治療 詳しくは >

 

虫垂炎

盲腸の先にある虫垂という部分に炎症が起きた状態で、一般的に「もうちょう」と呼ばれています。突然みぞおちやおへその部分が痛くなり、徐々に右下腹部へと痛みが移動していくのが特徴的で、吐き気や嘔吐、発熱を伴います。放置していると重篤(じゅうとく)な腹膜炎を起こす危険性もあります。10~30代に多く発症すると言われており、飲みすぎ・食べすぎ、過労(ストレス)などが原因になることがあります。

腸閉塞

腸にできた腫瘍や腸の機能障害、腸の捻転(ねんてん:ねじれ)などにより、腸が詰まってしまい内容物が運ばれていかない状態を腸閉塞と言います。腸内に便やガスが溜まって、腹痛、腹満感、吐き気・嘔吐のような症状があらわれます。

腹膜炎

腹膜炎は、急性虫垂炎や胃潰瘍・十二指腸潰瘍、胃がんなどで胃や腸に穴があいたり、腸閉塞によって部分的に組織が死滅することが原因で、内臓を覆っている腹膜が細菌に感染して炎症が生じる疾患です。吐き気や嘔吐の他に腹痛、発熱、呼吸障害などを引き起こします。腹膜炎は、適切な処置を実施しないと生命に関わることもあります。

メニエール病

メニエール病は原因が明確になっておりませんが、耳の奥にある内耳の内リンパ液の量が増加し過ぎて、内耳を圧迫し、発作を引き起こすと考えられております。めまいの発作、片側の耳の難聴・耳鳴りを伴い、吐き気や嘔吐が生じます。放置しておくと、難聴と耳鳴りが進行してしまいます。

吐き気・嘔吐が起こる病気の治療方法

吐き気・嘔吐は、様々な原因によって引き起こされている可能性があるので、他の症状(腹痛、胸痛など)や既往歴、内服薬や摂取した食物などを問診でお聞きしながら必要な検査(血液検査、腹部エコー、胃カメラなど)を行って、原因を診断していきます。

原因となる疾患が消化器や内科的な治療で回復するものであれば適切な治療を行います。それ以外の疾患が原因となる場合は専門医療機関をご紹介しています。

胃カメラ(胃内視鏡検査)詳しくは >

Tel.06-6711-0215 お問い合わせ 問診票ダウンロード