大腸ポリープ切除(日帰り手術)

  • ホーム > 
  • 大腸ポリープ切除(日帰り手術)

大腸ポリープの内視鏡的切除手術

大腸ポリープの内視鏡的切除手術粘膜の一部が隆起してできた組織をポリープといいます。大腸ポリープは大きく腫瘍性と非腫瘍性に分けられ、腫瘍性の腺腫は一部ががん化して大腸がんになります。大腸内視鏡検査でポリープを確認した場合、その場で内視鏡を使って切除する治療が可能です。日帰りでの手術です。

 

大腸ポリープの種類

大腸ポリープは40歳過ぎからできやすくなるといわれています。
大腸ポリープは大きく分けて以下の4つの種類があります。種類によってはがん化、あるいはがんの初期状態であることも多いため切除してがんの進行を予防します。

腺腫性ポリープ

大腸ポリープでもっとも多く見られるものです。粘膜上皮の腺細胞に異常が生じて増殖します。10mm以上に大きくなると前がん状態になり、がん化するリスクが高まります。内視鏡で発見した際には切除することが望まれます。

過形成性ポリープ

大きさは5mm以下で直腸に多く見られます。がん化するリスクは極めて低い良性のポリープといわれています。ただ、右側結腸(盲腸、上行結腸、横行結腸)に見られる過形成ポリープが6mm以上になるとがん化するリスクがあることが分かり、内視鏡切除の対象となります。

炎症性ポリープ

炎症により生じるポリープで、がん化のリスクはほぼないとされています。腸の炎症後、粘膜再生の際に増えた細胞がポリープになったものです。

若年性ポリープ

過誤腫性ポリープという組織奇形の一種です。大きくなると自然に脱落して出血を起こし、下血や血便などを起こすことがあります。本来的に良性で単発ではがん化のリスクはありませんが、多発した場合、がん化するともいわれています。

日帰りが可能な内視鏡的治療

ポリープのサイズや形によっていくつかの治療法があります。

ポリペクトミー

球形や茎を持つポリープに使われる治療法です。内視鏡の先端から輪っか状のワイヤーを出して茎部分をくびるようにかけて高周波電流で焼切る場合と、高周波電流を加えずに切除する場合があります。

ポリペクトミー

内視鏡的粘膜切除術(EMR)

あまり膨らみのない平坦なポリープや、大きめのポリープを切除する治療法です。内視鏡に附属している注射器でポリープ下の粘膜下層に生理食塩水を注入します。粘膜ごとポリープが浮いたところを高周波電流で焼き切ります。

内視鏡的粘膜切除術(EMR)

内視鏡的治療前後の注意点

1週間程度、生活に制限があります

術後1週間〜10日程度、生活に制限があります。ポリープの大きさや取り方によって個々の制限は異なります。まれに合併症として大腸に穿孔が生じたり出血が見られたりすることがあるので、それらを予防するため、飲酒、腹圧のかかる運動(ゴルフ、テニス、ジョギングなど)、旅行を避けるなどの制限が課せられます。

服用中の薬をチェック

繰り返しになりますが、大腸ポリープの内視鏡的治療でもっとも懸念されるのが術後の出血です。そのため、血液サラサラを目的とする抗凝固剤、抗血小板剤などはガイドラインに準じて医師が指示いたします。これらの薬を服用している方は必ず事前にご相談いただき、お一人お一人の状況を考慮して服用中止期間の検討をするほか、服用中止のリスクのほうが高いようなケースではポリープ除去を選択しないこともあります。

治療費について

ポリープ切除は健康保険が適用される手術です。

健康保険で3割負担の場合

ポリペクトミー、内視鏡的粘膜切除術(EMR) 2〜3万円

※ただし、切除ポリープの数や部位によって料金は異なります。

任意保険の手術給付金について

任意の生命保険や入院保険に加入されている方は、手術給付金が受け取れる場合があります。保険会社にご相談ください。

Tel.06-6711-0215 お問い合わせ 問診票ダウンロード